モンブランのお話

Share on Facebook

モンブランを見ると
思い出すことがふたつ

そのうちに一つが

去年の夏
一年で少しの間だけモンブランが店頭からなくなったころ
栗のかわりに去年はマンゴーをお出ししていたころ

「すみません、モンブランは?」
「今はマンゴーになります」

ん?
なんだろう?

「栗だったら和栗のショートケーキはいかがですか?」

「実は・・・」

お客様のお母さまが亡くなられたそうで
生前モンブランが大好きでずっと最後まで
うちのモンブランの召し上がってくれてたと。。。
最後にモンブランをご一緒に入れようと来てくださったとのこと

材料があれば。。。
でも仕込からしてもその日には間に合わない

その日はお勧めしたケーキを買って帰られました

それから毎月、月命日にご主人がモンブランを買いにきてくださいます
とってもすてきなご家族だな〜〜
と。。

そしてうちのモンブランもしあわせだな〜〜
と。。。

その日、私たちにできることはないかな?
そんなこと考えてみたけど

思いついたのは
この一年、お客様の一周忌までは栗のモンブランを作ろうと。。
だから今年の夏はマンゴーはお休みしました

私の大好きなケーキ
きっとこのことはずっと忘れへんやろな〜。。

 

コメントは受け付けていません。